やまぐち子育てゆびとまネット
 
トップに戻る
サポート会員のページ

探す

会員検索

名称

分類

地域


Myセレクション


 

前の団体情報に移動します。 5/42 次の団体情報に移動します。 一覧に戻る 一覧画面に戻ります。

山口県青少年育成県民会議

 
基本情報 基本情報
活動レポート 活動レポート( 35 )
お知らせ お知らせ( 1 )
 

 

平成27年度少年の主張コンクール山口県大会について
2021/06/08
H27少年の主張コンクール山口県大会発表者のみなさん
H27少年の主張コンクール山口県大会発表者のみなさん
【最優秀賞】(県知事賞)
病気でもできないことはない
美祢市立於福中学校 3年 西嶋 元崚
 
 中学1年の3学期、僕は糖尿病の治療のため1ヶ月近く入院しました。退院後、学校でいじめられていたので、新しい環境で頑張るために、小規模校に転校することになりました。現在は、於福中学校に毎日通っています。
 昨年の夏に僕は「サマーキャンプ」に参加しました。糖尿病を抱えた人のためのキャンプです。1週間もあるキャンプに参加するのは嫌でした。学校でみんなと勉強したり、部活をしたり、おしゃべりをしたり…そんな夏休みがよかったからです。ところが、そこで僕はヘルパーとして参加していた運命の人、「まさえ姉ちゃん」と出会いました。
 自己紹介の時に、将来は医療関係の仕事に就きたいという夢を話した僕に、まさえ姉ちゃんは、「いい本があるからあげるね。」と言って、1冊の本を僕に手渡しました。その本は、『わたし糖尿病なの』というタイトルで副題には「小児糖尿病の少女医師を志す」とありました。著者は、南昌江・南加都子とあり、まさえ姉ちゃんとお母さんでした。僕は驚きました。
 もっと驚いたことがあります。それは、僕と同じようにまさえ姉ちゃんも糖尿病患者で、「病気で悩む子供たちのために医師になろう」と決意して、本当に医師になっているということです。僕は本を開き、まさえ姉ちゃんが中学2年で糖尿病を発病し、それから糖尿病と闘ってきたこと、さらに、医師になるために受験勉強を真剣にがんばったことなど、一気に読みました。
 読み進めるうちに、僕の中で何かがはじけました。それまでの僕は、「糖尿病だから何もできない」と決めつけていました。まさえ姉ちゃんも、当時そう思っていたようです。しかし、福岡赤十字病院の仲村先生に「糖尿病であっても、できないことは何一つないのだから、学校でも友達に負けないよう何でもしなさい。」と言われ、その言葉を胸に刻みいろんなことに挑戦したそうです。 まさえ姉ちゃんができたのだったら、自分も…、なんだかそう思えるようになりました。きついバレーボール部の練習も、きっとみんなと同じように頑張れるはずだ。勉強も、「できるまで絶対にあきらめない!」夜遅くまで頑張ってみようと。
 また、このサマーキャンプでは、参加者がとにかく元気で明るいことに驚かされました。みんな、僕と同じ糖尿病を抱えているのに、なぜこんなにも前向きで生活できるのかと、不思議でたまりませんでした。
 そんなとき、40年前に、まさえ姉ちゃんがまさにこのキャンプでヘルパーさんから言われた言葉、「君たちは、これから社会に出て行く。社会に出たら、周りは糖尿病でない人ばかりなんだ。そんな中で、糖尿病をもって生きていくには、いろいろな壁にぶつかるだろう。そのときに、その壁を乗り越えられるだけの強さをもたなくてはいけない。」本の中のその言葉が、当時のまさえ姉ちゃんと同じように、僕の胸に突き刺さりました。
 そうです。それまでの僕は、何かにつけて「病気だから無理」とか「糖尿病だから仕方ない」と心のどこかであきらめ、「みんなの迷惑になるから」と消極的でした。しかし、それは、壁を乗り越えようとしなかった弱い自分、いつも逃げ道や言い訳を探していたつまらないやつだったと悟ったのです。
 キャンプに参加している友達の明るさは、多くの人に支えられながらも、自分の人生を精一杯生きようとしている「強さ」であり、生きている「証」だったのです。
 また、まさえ姉ちゃんの人生は、順風満帆ではなく、糖尿病に加えて肝炎にもかかり、なぜ自分だけがこんな苦しい目にあうのかと自分の人生を呪ったとも書かれていました。しかし、そんなときも、家族や友達、そしてまさえ姉ちゃんを目標にして頑張っている子供たちが心の支えとなり、困難を乗り越えてきたそうです。僕は、人それぞれに乗り越える壁は違っても、支えてくれる人がいること、そして何よりも自分の目標をしっかり持つことが大切だと思います。まさえ姉ちゃんに負けないよう、僕もこれから何事にもあきらめず挑戦したいと思います。
 僕には大きな夢があります。それは、まさえ姉ちゃんと同じように人を助け支える仕事をすることです。自分には、何ができるかわかりませんが、やれることはやってみようと思います。今、僕は体調を管理しながら部活動のバレーボールに打ち込み、生徒会役員として、いじめゼロ委員会の運営など多くのことに挑戦しています。まさえ姉ちゃんのように、今の僕のような子供たちに夢と希望を与えられる人になって、まさえ姉ちゃんに立派な姿を見せたいです。
待っててね、まさえ姉ちゃん!

【優秀賞】(県教育長賞)
車いすを身近に経験して
萩市立萩東中学校 1年 刀祢 日夏莉

 兄が松葉づえをついて帰ってきました。もうすぐ旅行だというのに。最悪、これじゃあ旅行に行けない、そう確信していたのですが最終的に行くことになりました。嬉しい気持ちもあったのですが、正直、不安の気持ちのほうが大きかったです。
 旅行当日、空港に着いて少し歩くと、松葉づえで歩くのが慣れていなかったのか、兄の手はまめができていてまっ赤でした。できるのなら自分が変わってあげたいくらい、とても痛そうでした。これ以上松葉づえがつけなくなったので、とうとう車いす移動となってしまいました。
 旅行先に着いても、兄はずっと車いすでした。痛い思いをしなくなるのでよいと安心していましたが、次は押すほうが大変でした。スロープや車いすの人が利用できるリフトなどはあったのでとても便利でしたが、階段のかわりとなるスロープは坂が多く、遠まわりをしなければなりませんでした。私も親と交代して押す場面が何度かありました。兄は大柄なので、私はともかく父も大変そうで、思っていたよりとても辛く、厳しいものでした。
しかも私たちが行ったのはツアー旅行で、同じツアーの人にスピードを合わせなければならなかったので、よけい大変でしたが、兄のためにがんばりました。
 ホテルでも、ツアーの行き先でも車いす。それでも兄は旅行のどの写真を見てもにっこりと笑っていました。それは、たくさんの人のおかげだと思います。
 その中でも1番お世話になったのはこのツアーの添乗員さんで、行く先々で車いすを手配してくださいました。夜、添乗員さんが車いすの件でくり返し電話しているのを見かけました。きっとたくさんの所にかけてくださったのでしょう。私は胸が熱くなってきました。兄のためにこんなにしてくださっていたなんて。それに私たちに会うと必ずといっていいほど、声をかけてくださいました。同じツアーや空港の方々、そして通りすがりの人まで。視線を感じはしましたが、けっしていやな視線ではなく、声に出さなくても「大丈夫?」と言われているようでした。
 観光地のどこに行っても、障害をもっている人が安全に観光が楽しめるように工夫がされていました。特に印象に残っているのは、イルカのショーを見る際、少しおそく入ったのに、ちゃんと車いす優先の席に通してもらい、家族も一緒に見られるということでした。家族連れには大変嬉しく、喜ばしい工夫だと思いました。
 最初は兄が車いすだと「みんなに見られる、はずかしい、不安」としか思っていませんでした。たしかに普通に歩いてくれたほうがいいと思いましたが、車いすを身近に経験して、スロープなどの便利さについて改めて考えることができました。もし、これらがなかったら、障害をもっている人たちはどうなるのでしょうか。それほど障害者の人たちにとってバリアフリーは欠かせないものなのです。
 障害者の人への思いやりを表す「バリアフリー」は確実に進化しています。しかし、実際に車いすの人と一緒に行動をしてみると、便利な反面、改善点はまだまだたくさんありました。例えば、人ごみの中で全然進めなかったこと、道のほんの少しの段差でもつっかえて通るのに苦労したことなどです。
 私もいつバリアフリーを利用する立場になるか分かりません。誰にでもありうることなのです。だから、私たちの未来ではもっと工夫を重ね、便利になり、障害をもっている人への思いやりがなくならないようにする、私たちの未来がそうであることを心から願っています。そして、私がこの経験で感じたたくさんの人の優しさ、バリアフリーの便利な点や改善点を多くの人に伝えていきたいです。

【優秀賞】(県民会議会長賞)
祖父母とのつきあい
周南市立熊毛中学校 1年 松 彩恵

 「連休は田んぼがあるんじゃから、よそ様みたいに泊まりで旅行とかは無理じゃけぇね。」改めて言われなくても、そんなことはとっくに分かってます。ゴールデンウィークにどこに行くのかお約束のつもりでちょっと聞いてみただけなのです。友達がどこに行くだとかの話をしていただけです。ゴールデンウィークの間にもみまきをして、箱苗を作るのは恒例行事だから、そこはわかってたつもりなのです。
「そこはあえて触れないんだよ。春と秋はそんなもんだ。俺んときだってそうだったんだから。部活もあるんだから、半日くらい何とかしてやるよ。」
ありがとう父さん。映画くらいでお願いします。
 我が家は7人家族、3世代同居の兼業農家です。祖父母が作った季節ごとの野菜で、母が作ってくれるご飯はとても美味しいです。春と秋の田んぼが忙しい時期には、皆で作業します。最近は家族総出で協力して作業できるようになりました。妹の百音が近くに来て作業の邪魔をしないように遊んでやっておくのが今までの私の仕事でしたが、さすがに小学2年生にもなれば、ちゃんと手伝いができるようになっています。
 もみまきの日、5月5日は幸い好い天気でした。日焼け止めを念入りに塗って、帽子をかぶって、作業の準備は万全です。
 箱苗を作るというのは、泥の入った苗箱に、種もみを敷きつめて、上から泥をかぶせていく作業です。大規模にやるところは機械でするし、田んぼに植えられるまで育ったのを農協で買う家も最近は多いそうですが、我が家は昔から自分の家で、種もみをまいて、毎日水をやって育てて、田んぼまで持って行って植える方式です。
「農協に頼むのも楽でええかもしれんけど、どんな苗が来るか分からんし、こっちの日程どおりにはならんし、うちでできた苗をうちの田んぼに植えるのが、一番いいに決まっちょる。」
 祖母は言います。
 枡で量った種もみを苗箱の全体にまんべんなくまいていく作業は、思いのほか根気が必要です。妹の百音はうろうろするし、途中で話しかけられると気が散って、なかなか集中できません。
「ここが荒いから手直し。」
まばらにまいてあると、今度育った苗を田んぼに植えるときに困るのだそうです。厳しいことを言われながらも、全部で108箱あるうちのせめて10箱は自分で仕上げたい。そう思って頑張りました。
「よう手伝うてくれたね。あんたらが手伝うてくれたから、今年もえぇ米ができようね。」
祖母にもほめられ、終わったときの充実感はすばらしいものです。
「最近はうちみたいに3世代が一緒に生活している家の方が少ない。年寄りが一緒にいると口うるさいことを言われる回数も多いよ。でも、父さん母さんだけがお前らを育ててるより、知識も、コミュニケーション能力も、余分に付いてるはずだよ。」
 父の言葉に納得しました。小学校の時の、農業体験学習などでも、家で農業の手伝いをする時に教わった知識が役に立ってました。それに、物おじせずに話ができるようにも思います。本当に、人と触れ合う機会が多いほど、得るものが多いということは、実感しています。
 中学生になってから、生活の範囲が広がりました。これまで以上に、色々な人と関わっていく機会は増えていくと思います。積極的に色々な人達と話をして、経験を積み、誰とでも、積極的に話をすることができる大人になりたいです。

【優良賞】
「共に成長する」
周南市立熊毛中学校 3年 上田 久美子

 私は吹奏楽部に入っています。3年生が引退しこれからは自分が最高学年となり1年生の面倒も全て私達が見なくてはいけなくなります。最高学年という責任感と、1年生も自分も早く上達させないといけないという焦りで、私は何か大切なことを忘れていたのかもしれません。
 先輩がいなくなり、私が仕切るパート練習が始まりました。教室の真ん中に、3人で円になりました。「じゃあ、8拍全員で吹きます。」と私が言うと、「はい。」と小さく暗い声が返ってきました。「せーのっ。」「ポー。」全然合っていません。音程も音色も、音の出始め、終わりでさえも全てバラバラです。「よく聞いて。」「はい。」何回も繰り返しましたが、一向に良くなりません。それどころか、少しの変化も見られませんでした。「本当に聞こうとしてる?。」私は1年生に問いかけてみました。二人は何も言わず、私の方を向いていました。とても暗い目をして。
 何回吹いても一つの音さえ合わせられないのに曲が上手く吹けるはずもなく、その後の合奏は悲惨でした。部活が終わった後、私は顧問の先生に呼び止められました。「あなたのパート、今の演奏じゃ使えないよ。」と厳しい表情で言われました。
 もうどうしたらよいのか分からなかった私は、母に相談することにしました。母は台所でグラタンを作っていました。私は壁に寄りかかりながら、今日のパート練習の様子、1年生の態度、先生から使えないと言われたこと、どうしたらいいか分からないと話しました。すると母からは思いもしなかった返事が返ってきました。「あんた、いい青春しとるね。」「え、どこが?。」とつい私は言いました。私には、全く意味が分からなかったのです。
 それからしばらくした、ある日曜日の昼下がり、私はボーッとテレビを見ていました。母に相談してもいい解決策はもらえなかったので、あの悩みは放置したままです。
 「自分が変わらないと、相手も変わらないんですよ。」とふとテレビから聞こえてきました。私ははっとしました。今までは、1年生が上達しないのは全て相手のせい、やる気の問題だと思っていました。私はずっと、相手だけに変わってもらおうとしていたのです。しかし、この言葉を聞いて、自分も変わらなければと思いました。「やる気あるの?。」とか「それじゃ使えないって言われたじゃん。」とか、1年生のモチベーションが下がるような言葉しか自分は言っていなかったことに気づきました。それでは「頑張ろう」と思えるわけがありません。
 「これからパート練習を始めます。」しっかり腹から声を出して号令をかけてみました。すると、「はいっ。」と1年生の方からもいい返事が返ってきます。簡単なことでした。音が合わなかったときも、何回も繰り返すのでなく、どこをどうやって直せばいいかを具体的に細かく言い、一緒に考えるようにしました。こういうことに少し気をつけただけで、雰囲気ががらりと変わりました。
 ある日、たまに部活へ来るトランペット吹きの大学生がやって来ました。彼は私たちの合奏を、音楽室の隅でじっと見ていました。
 部活が終わり、皆が楽器を片づけていたとき「ホルン、上手って。」と顧問の先生に言われました。彼が先生に言ったようです。「えっ。」私は驚いてしまいました。そして、3人で「やったね。」と笑い合いました。後輩は首を縦にブンブンふって喜んでいました。
 先輩は後輩にいろいろなことを教えます。でも、先輩が後輩に教えられることもたくさんあります。教え、教えられながら共に成長し、共に高め合える関係って素敵です。
 私はこの関係を大切に育み、卒業するまでの1日1日を充実したものにしていきます。

【優良賞】
精一杯生きる
萩市立大井中学校 3年 古谷 遥佳

 今日も朝を迎えることができました。
 私たちはいつ、どこで何が起こるのか、全く分かりません。そんな中で、今日を迎えることができたというのは本当に幸せなことで、奇跡です。毎日当たり前のように学校に行き、ご飯を食べ、友達と話しています。でも、それは本当は当たり前のことではないのです。
 私は今も忘れられない映像があります。それは、東日本大震災のときのことです。あの日、私は何も知らずに家に帰りました。いつものようにテレビをつけると、そこにはいつもとは違った光景が映っていたのです。最初は何が起きたか、よく分かりませんでした。けれど、しばらくしてやっと理解できました。それが日本で起きた大震災だということを。一瞬の大津波にたくさんの人が飲みこまれ、命を亡くしました。その中には必死に避難場所に逃げる人、子供を守ろうと必死な親。生き残った人々は、慣れない避難場所で、食事も十分にとれず、不安な夜を過ごしたのです。
 また、最近私はユーチューブで東日本大震災の映像をみました。そこに映っていたのは、自分が思っていた以上にすさまじい光景でした。私は何も言葉が出ずに、ただ辛かったです。家や車は一瞬の波で流され、町はがれきだらけ。そんな、がれきだらけの町を泣き崩れながら見つめる少女。がれきのすきまから小さな手を出し、助けを求める少年。
 東日本大震災だけではありません。広島地域の豪雨災害、須佐地域の水害。たくさんの人が被害に遭われました。あまりニュースなどでは流されなかったけれど、とても辛い目に遭われたのです。大切な人や物を失い、家の中は泥だらけ。家の外をみれば、見慣れたはずの庭はあとかたもなく、流された木や土にまみれたがれきの数々……。そんな中で私が聞いたある一言。それは、
「自分は何も悪いことをしていないのに。どうしてこんな目に遭うのか。」
という言葉でした。何も悪いことをしていない人が辛い目に遭い、苦しい思いをし、泣き崩れている姿。自分までも心がむしゃくしゃしました。
 それでも、地震や災害、水害に遭われた人は苦しみ、困難にぶつかりながらも、
「必死に生きる。生きてやろう。」
と、あきらめずに進み続けたのです。ある人は被災された方々の衣服のクリーニングを無料で引き受けて。ある人は、被災した、その町に住み続けることを決意して。幸せを一瞬のうちに奪われ、かけがえのない人や物を失った方々。でも、この人たちの心は私たちの何倍も強いのです。いや何百倍も。家を失い、家族を失い、思い出にあふれた物の数々を失ったにもかかわらず、カメラに向かい、私たちに向かって笑顔で語っておられたのです。それも精一杯のほほ笑みで。あなたはこのような目に遭っても被災者の方のように、あきらめずに何でもやっていけますか。笑顔でいられますか。きっと多くの人が「はい。」とは答えられないでしょう。でも、画面に映っている方々は笑顔で希望を語っていたのです。これも、私たちと同じ日本人。同じ人間……。
 映像の中の瞳が私たちに語っています。こうやって今日も朝を迎えられ、生きていることこそ幸せなのだということを。今日という1日は、生きたくても生きられなかった人が精一杯生きたかった1日なのです。亡くなった方が何倍も何十倍も生きたかった1日なのです。私は思うのです。辛いときや苦しいとき。それでも前を向けば必ず道はあるのです。どんな暗闇の中でも、どこかに光があるのです。だから決してあきらめてはいけないのだと。簡単に「死にたい。」なんて言わないでください。生きてこそ、前を向いて進んでこそ道はできるのだから。生きている、あなた自身が未来への希望なのだから。

【優良賞】
若者にしかできない、若者の力
周南市立須々万中学校 3年 桑田 祐菜

 私は小学4年生まで大阪にいて小学5年生から山口へ引越してきました。大阪は都会で店が多いので行きたいときに行けてとても便利でしたが、山口は田舎で店が少ないので行きたくても行けないためとても不便な気がしていました。また、友達と遊びたくても車が無ければ遊べないなどという不都合なことばかりで最初の頃はこの土地を気に入ることはできませんでした。
 しかし、地域の人々は沢山挨拶をしてくれるし、話しかけてくれるし、思いやりのある人ばかりでそういう人の人柄がとても好印象でした。だから、私はすぐにこの長穂という地域を好きになりました。はじめは、温かい人柄だけで私はこの地域を好きになったけれど、さらにここを好きにさせてくれたのは地域の「青年部」の活動です。青年部とは、簡単に言えば地域を活性化させるために無償で活動しているボランティア活動です。活動内容は数えきれないほどありますが、主にはクリーン作戦をしたり、マラソン大会に出場したり、祭りで食べ物を売ったり、地域のためになることは何でもします。青年部はこの地域に住み、やる気のある若者なら誰でも入ることができます。
 昨年の、「長穂ホタル祭り」の際に同級生でステージに立とうと話があがったときも、ダンスやジャグリングが適しているというアドバイスをくれました。そして、それらの先生の手配もしてくれました。ステージでの披露は青年部の方が手助けしてくれたからこそ、成功できました。このように、青年部に所属している人達は皆優しさを持っていて、すごく良い人達ばかりです。また、青年部の人達の活気ある姿で私の地域に対する思いが変わってきました。
 だから私は高校に入学したら青年部に入りたいと思います。活動を見ていたら休日はあまりなく大変だということは目に見えて分かるけれど、私もこの大好きな地域のためにボランティアをしていきたいです。今、この地域は子供が少なく高齢者が多い少子高齢化になりつつあります。しかし、まだ若者は残っています。そのため、今の若者が次の世代へ、その世代がまた次の世代へと伝承していけます。だから私は、目の前のことを精一杯やっていこうと思います。こんなに優しくて思いやりのある地域はこれから、もっとより良くなっていくはずです。
 現在、私達の地域ではルバーブという果物を名物にしようとルバーブジャムを販売したり、休校になった小学校を支所にしようとしたり、山に散策ルートを作ったり、公園を作るか検討したり沢山の企画を考え、青年部だけでなく色々な人が色々な立場で沢山の努力をしています。青年部との関わりを通して、未来をつくるのは私達、今の若者だと強く感じました。力になれそうなことは全力でサポートしていきたいです。「田舎だから」「人口が少ないから」そんなことを口実にせず、これからのこの地域をつくりあげていきたいと思います。そして、この優しく思いやりのある長穂という場所を守っていきたいです。

【優良賞】
便利だけれども・・・
美祢市立美東中学校 3年 大中 密月

 あなたの周りを見てみてください。おそらくたくさんの人がスマートフォンを利用しているのではないでしょうか。電車の中ではどうでしょう。下を向いて猫背になりながらスマホの画面を見ていませんか。
 今世界中で普及しているスマホは、コンピュータ技術の発達によってつくられました。1台でネットはもちろん、メール、通話など何でもできてとても便利な物です。
 しかし、良いことばかりではないと私は思います。私も中1の時からスマホを使っています。特にラインなどのコミュニケーションツールやインターネット検索などをよく利用します。
 実際、ラインをしていて困ったことがあります。自分で他のことをしている時に友達とのグループ会話に参加してしまい、ついつい何時間も費やしていました。結果的に、自分の本来やっていたことがおろそかになってしまいました。また、ラインの文のあとに(笑)という字をよく入れますが、実際に自分はその時に笑顔になってはいない気がします。自分の表情が少なくなっているのではないかと怖くなりました。後で、会話して楽しかった気持ちよりも、無駄な時間を過ごした後悔の方が大きかったです。
 ネット検索も大変便利です。自宅での学習にも使っています。分からない単語なども簡単に調べられるし、調べ学習などの時はとても助かります。
 人類が誕生してからの歴史に比べると瞬く間にスマートフォンなどが広まってきました。今では生活になくてはならない物になっています。ではスマホが出現する前は、生活できていなかったのでしょうか。
 「昔の人は賢い。」という言葉を聞いたことはありませんか。それはある意味正しいと思います。年上の人達からためになる知恵をたくさん聞いたことがあります。シミぬきのベストな方法や風邪の治し方などおじいちゃん、おばあちゃんが教えてくれることは全てためになるのではないでしょうか。スマホで得る情報もありますが、身近な人から実体験に基づいたいろんな豆知識や知恵を聞くのも大切ではないのかと実感しました。
 日本では、これから授業でタブレットを使うことになるでしょう。電子黒板が増えるというのもニュースで見ました。私はコンピュータだらけの授業を受けたらどうなるのか想像してみましたが、あまりイメージがわきません。正直あまり身につかなさそうです。私は書いて覚えた方が、しっかり覚えられます。ネット検索の時には漢字がすぐに変換されるので、漢字を忘れたりもします。本もちゃんとページをめくって読んだ方が良いと聞いたので、コンピュータの授業は教科によっては合わないと思います。
 今回改めて、コンピュータやスマートフォンについて考えてみました。
 大切なのは、人はせっかく命があり、感情があるのだから達成感を味わいながら生きることなのではないでしょうか。スマートに検索するだけでなく、苦労して調べたり、人との会話から得ることがあったり、そこで喜びを感じたりすることが大事だと思います。
 もちろん技術の発達は大事で、欠かせませんがそのために失うものが多すぎてはならないのです。これからの時代を生きていく私達は、道具や技術に「使われる」のではなく、賢い使い手にならなくてはならないと思います。そのために、多くのことを見聞したり、正しい判断ができるように学んでいかなくてはならないと強く感じています。

【優良賞】
「私たちが今、考えるべきこと」
平生町立平生中学校 2年 小田 瞳
 
 日本は18歳から選挙に参加することが決まった。これは日本にとって大きな変化である。賛否両論ある中での可決だと思った。
 日本は民主主義である。国のリーダーや市や町を任せる人を選ぶ選挙は、20歳以上の人達で行っていた。未成年だとしても、立派な国民だ。選挙権はあっても良いと思う。私たちはこれからの日本を背負う、未来の成人。早いうちから国政について考えることも大切だ。それに、近年、選挙の投票率が低くなっている。18歳から参加すれば、投票率アップにつながる可能性も充分あるだろう。18歳以下の人も、以前より選挙や政治に関心をもてるはずだ。良い方向へ進むきっかけとなるのかもしれない。若い世代の意見を取り入れていくと何が変化するのか、私自身とても興味がある。
 しかしメリットばかりとは思えない。未成年の私達が、本当にふさわしい人を選べるのだろうか。正直、私は自信がない。テレビで演説を聞いたことがある。町議会の議員選挙のときは、登下校中、演説を生で見た。言いたいことを理解しても、それでどう決めるのかがどうしても分からなかった。また、最近は未成年の事件や問題行動が目立ってきている。被害者ではなく、加害者。
 数多く起こる中で、私は高校1年生の男子生徒が川で流されたという事件が強く印象に残っている。下流で遺体が発見されたという。最も衝撃的だったのは、事故ではなく、事件だったことだ。少年3人が加害者だった。このニュースを目にしたときは、同じ未成年だけれど、信じられないと思った。大人だから犯罪を犯してもおかしくない訳では決してない。だが、未成年という言葉がよくわからなくなった。ニュースに出る人はごく一部だ。それを見て未成年と全てくくってしまうのはよくない。私も一つのことで全体の印象が決まってしまうのは好きではない。だけれど、大人から見て、私達は信頼に値するのだろうか。
 私はもう可決されたこの法に、賛成とも反対ともいえない。ニュースやネットなどで多くの意見を見たが、どちらの主張にもうなずいてしまうからだ。投票が、もし学校行事になったら、投票率を上げることになるかもしれない。だが、上がれば良い訳でもないはずだ。国を良くするのは、良き1票だ。その票を入れる権利が、18歳に与えられたのだ。これは大きなチャンスであり、大きな不安要素である。私はチャンスと思いたい。
 選挙権をもつ歳がたった二つ下がっただけなのに、こんなに変化を感じる。当たり前がくつがえされるのはこういうことなのだと思う。大人が決めてしまった私に深く関わる変化。これからの日本は私達が担っていく。良い方に進むか、悪い方に進むか、私達にも関係してくる。他人事ではなくなった。
 この制度にどれくらいの人が期待して、どれくらいの人が不安にしているだろうか。未成年の私達が今考えるべきことは何だろう。今一度、政治や選挙について理解しておく必要があると思う。選挙権を手にする日は、そう遠くない。そのために、私は身近な選挙に関心をもとうと思う。そして、18歳になったとき、票に自分の意見を書くのだ。その意見が、私にとって悔いのない精一杯、一生懸命選び抜いたものなら、私でも国の力になれると信じている。


 

平成26年度少年の主張コンクール山口県大会について
2021/06/08
H26少年の主張コンクール山口県大会発表者のみなさん
H26少年の主張コンクール山口県大会発表者のみなさん
【最優秀賞】(県知事賞)
気持ちを受け取る
周南市立熊毛中学校 3年 鬼武 亮輔
 
 「今日も長いぞ。はいはい、分かりました。分かってるって。」これは祖母に対する僕の心の言葉でした。
 僕には70歳になる祖母がいます。親の帰りが遅い時、祖母は僕の夕食を作ってくれます。夕食時に、祖母と学校の事や飼っている犬のことなどたわいもない話をしています。
 そして、祖母はよく同じ話をくり返します。いつものことだから僕はてきとうに返事をしていました。
 ある日、祖母から勉強のことで注意を受けました。同じ話をくり返し、どんどん熱が入ってくる祖母に初めは「わかった。はい。」と言っていたのですが、最後には「うるさいなぁ。分かってるって。」と吐き捨てるように言ってしまい、もちろんさらに祖母の怒りを買うことになりました。
 分かっているのに何で何度も言うんだとイライラしながら自宅に戻り、テレビを見ていました。
 その日の夜、仕事から帰ってきた母に、同じ注意を何度も言う祖母に腹が立ったことを話しました。母は僕に、「それで、おばあちゃんは何がいけないって言っていたの。どうしなさいって言っていたの。」と聞きました。
 「いろいろ」と答える僕に、母は「いろいろって何?」その質問に勢いよく答えようとして僕は「あれっ?」と思いました。「なんだったっけ・・・。」思い出せない。僕は急速に勢いを失いました。
 何度も勉強について注意をされた、怒られたという記憶はあるけど、具体的に何を言われたか思い出せなかったのです。あれだけ、「分かってるって」と言ったのに不思議と思い出せません。言われた端々の言葉は少し思い出せるけど祖母が何を言おうとしていたのか具体的には分かっていなかったのです。
 母から、「ちゃんと聞いてないのに分かったと空返事してたのがおばあちゃんには分かったからさらに怒られたんじゃないの。」と言われました。
 いつも同じ事をくり返すからといつからか僕は祖母の話の中身をいい加減に聞いていたことに気づかされました。
 僕は少し気長に、そして祖母が何を伝えようとしているのか聞くように心がけてみました。くり返しの言葉の中にある、祖母の僕に対する二つの気持ちが分かりました。それは「心配」と「期待」でした。この言葉は祖母の話す言葉の中にはあまり出てこないのですが、話をじっくり聞いてみると様々な表現を使って懸命に伝えようとしてくれていることに気がつくことができました。
 祖母の思いに気がつくと「長いな、同じ事ばっかり、分かってるはいはい、うるさいなぁ」という気持ちが不思議と和らいでいました。
 言葉に込められた気持ちが分かるようになると素直に話が聞けるようになりました。
 ある日、祖母に「いつもは話を最後まで聞いてくれないから少し怒ってしまっていたけど、今日は気持ちよく話せたよ。」と言われました。この言葉を聞いて、僕は、祖母の話の途中で言い訳をして、祖母を不快な気持ちにさせていたのだと改めて気がつきました。僕の甘えだったのかもしれません。
 以前、国語の授業で、「若者と大人はどちらも考えに柔軟性を持って接しなければ分かり合うことはできない。」という主旨の文を読んだことがあります。相手が伝えようとしていることを分かろうとし、最後まで聞き、受け入れ、考え、そして自分の思いを伝えるようにすることが大事だと思います。
 あわてないコミュニケーションが人と人とを温かくつなげてくれるように思います。
 祖母への感謝の気持ちを忘れないようにし、祖母からいろいろな事を学ぼうと思います。

【優秀賞】(県教育長賞)
「便利の裏にかくれている恐ろしさ」
周南市立須々万中学校 3年 山根 希海

 「LINE」このアプリは簡単に情報が交換でき、とても便利なのでよく使います。でも便利だからといって、安心して利用しているわけではありません。なぜなら僕は一度、LINEによって悪口をかかれた経験があるからです。
 2年生の2学期、同級生の集まるグループに招待され、そこに入りました。そこでの会話は、ひまつぶしのジョークを交わすぐらいだったので、通知がたまったら既読するということを繰り返していました。
 ある日、友達が僕の写った写真をグループに上げました。すると一人の女の子が、僕に対しての悪口をかいていました。「性格わかってる、魅力感じない」短文章でした。その子は僕がグループにいることを知らなかったそうです。僕はすぐに退会しました。その後個人のチャットに他の友達が再びLINEに入ることを勧めてきました。でも僕にはそんな余裕はありませんでした。そのグループの全員が僕の悪口を言っているのではないかと不安になりました。その女の子に対して特別な感情を抱いていたわけでもなく、嫌っていたわけでもありません。だから僕は、別にどうでもいいやと、開きなおったつもりでした。
 次の日の朝、その子が僕に謝ってきました。「私の性格が悪いの、本当にごめんなさい。」と。僕は「別にいいよ、気にしてない」と少し暗い声で返しました。謝られたのに、謝ったかのようでした。自分のとる行動にすべて問題があるのか。励ましてくれる友達もいない。僕は一人なのか。自分自身に淋しさを感じました。
 今になれば、あんなことあったなと思うぐらいですが、完全に僕の心から消えたわけではありません。対面で話すときに口から出る言葉には、どんなにあいまいであっても責任感を感じます。逆にLINE上では、どんなに仲がいい友達が送ったメッセージでも半信半疑になってしまいます。そのなか彼女は謝るという行為をLINE上ではなく彼女の口で伝えました。僕はこの子のことを恨んではいけないんだと思いました。
 このような経験からLINEの恐ろしさを実感し、なぜそうなるのかを考えました。情報を伝え交換し合うLINEが、人を傷つける道具になってしまい、事件やトラブルになってしまうケースは、ニュースでも最近耳にします。ではなぜそうなるのか。体験した僕から一つ言えることがあります。それは、オンライン上に自分の言葉を残す以上、発言に責任をもち、やってはならないことを自分自身で十分、理解する必要があるということです。今の若い人は、やってはならないことへの理解が足りてないと思います。やってしまった自分が悪いと分かっていても、結局理解しきれなかったのが事実だと思います。今後このようなアプリはますます発展するでしょう。僕たちは、判断する力、理解する力をもっともっと磨いていかなければなりません。
 普段の生活の中で友達に対する不満はなかなか口にできません。それを可能にするのがLINEといったアプリなのかもしれません。でもそれは間違っています。口で伝えるという行為から逃げてはなりません。それをしてしまうと、必ず自分ではなく他人を責めるでしょう。対面でケンカすることの何が悪いのでしょうか。
 僕はあの日以降、安心してLINEを利用したことはありませんが、いつか安心して利用できる日がくる。安心して利用できるよう努力していく。そう信じています。
 今後、LINEによって悲しむ人がいなくなるように願い、正しい使い方を共有、伝承していきたいです。LINEに安心という文字がぴったりあてはまるために。

【優秀賞】(県民会議会長賞)
一つの命
萩市立大井中学校 2年 長嶺 千佳

 みなさんは、考えたことがありますか。動物にも心があるということを。その心をしっかりと受け止め、愛情を与え続ければ、それだけ信頼が深まるということを。
 日本で飼われている犬や猫は約2,060万匹だそうです。私にとって一番身近な動物です。しかし、みなさんは、犬や猫が年間約20万匹も殺処分されているという事実を知っていますか。700匹以上もの命が1日に殺されているのです。殺処分は保健所で行われます。その数のほとんどが飼い主の持ち込みによるものです。考えてみてください。理不尽に命を振り回される、動物たちの気持ちを。動物は、物ではありません。それを分かってもらいたいと強く思います。
 では、飼い犬や猫の殺処分を減らすにはどうすればいいのでしょうか。
 以前私の家に、のら猫が来たことがあります。人に飼われていた経験があるらしく、人なつっこい猫でした。私が飼いたいと思いましたが、家族の反対もあり、結局はその猫を別の場所に置いて帰ることになりました。そこは、観光客やお店の人からえさをもらえる場所だったからです。しかし、私は、家に来たときの、あの猫のまなざしを忘れることができません。助けを必死に求めるような瞳。今もはっきりと覚えています。
 私は、まず飼い主の動物に対する意識を変えることが大切だと思いました。人は動物をかわいいからという軽い気持ちで飼い始めます。それが悪いとは言いません。しかし、命を預かるという自覚をもつことが大切なのではないでしょうか。最後まで責任をもって飼えるかどうかを、しっかりと考えてから犬や猫を飼ってほしいと思います。
 私はうさぎを飼っています。寝ている様子やえさを食べている仕草。ふわふわの毛をなでると、心が和みます。私は、その命に責任をもち、最後まで向き合っていこうと決めています。動物を飼うということは、決して容易なことではありません。けがや病気にかかったときには気づいてあげなければいけません。食事の世話もあります。汚れた小屋の掃除もします。どんなに疲れていても、辞めるわけにはいきません。それは、命が一回きりだから。そして、私だけが頼りで、私を見つめているからです。生き物を飼うということは、その生き物と共に生きるということで、長期間の覚悟が必要なのです。
 世界を見ると、ドイツでは、犬や猫の殺処分数がゼロです。どうしてなのでしょうか。それは、動物に対しての意識が高いからです。殺処分施設もありません。その代わりに「ティアハイム」という施設があります。そこは、捨てられた動物の里親を捜すためのものです。日本の保健所では、殺処分されるまでの期間が、3日から7日ですが、ティアハイムでは、滞在期間がありません。ドイツでは、動物を飼いたいと思えばティアハイムに行きます。そこで、90パーセント以上も里親が見つかっているのです。日本では良くも悪くも、様々な場所で、簡単に気に入った動物を飼うことができます。
 私は、日本もドイツのような取り組みを取り入れるべきだと思いました。国全体として意識を高めるためにも、飼い主が軽い気持ちで飼わないように、法律も変えていく必要があるのではないでしょうか。
 動物の命を守ること。そのためには、飼い主の動物に対する責任感。それが一番の解決策です。動物があなたを見つめるまなざしを見てください。それは、一つの命なのです。飼うことが決まったときから、頼れるのは、飼い主のあなただけなのです。
 動物は、いつでも気持ちを発信しています。まなざしや動作。体全体で、あなたを見つめています。それをしっかりと受け止めてください。一度飼うと決めたからには、愛情を与え続け、信頼し合える関係を築いてください。飼い猫や犬の、命の輝き。そして、まなざし。1回きりの命を、たった一人のあなたに預けて生きている小さな命。それを、飼い主である、あなたとのかけがえのない絆で、全うさせてください。何も言えない動物たちの声を聞いてください。それが私の願いです。


【優良賞】
平生からはばたく夢
平生町立平生中学校 2年 山田 瑞季

 小学校の卒業文集に書いた私の夢。それは医者になることだった。私をこの夢に導いてくれたのは、小学校3年生の時に入院した病院の方々との出会いだった。
 インフルエンザだったが、少しひどくて入院することになった。その時私についてくれた先生は、私をいつも心配してくれた。最初は親が妹を幼稚園に迎えに行っただけでさみしくて、涙を流していた私を優しさで包んでくれた。そんな優しさの中で私は安心して入院生活を送り、無事に退院する事ができた。その病院で私はたくさんの事を学ぶことができた。家族のありがたみ、感謝の心をもつという人間としてあたりまえの事を、この時初めて実感することができた。これも私を安心させてくれた病院の先生のおかげだと思う。
 私の場合、たった1週間の入院だったが、たくさんの事を患者に教えることのできる病院の方々を尊敬すると同時にあこがれをもった。
 医者という存在は大きな存在だと思う。人の病気が治ったり、けがが治ったりする。人に元気を与えられる。そんな医者という職業にひかれていった。それが私がこの夢を追う始まりだった。
 しかし、その夢は簡単に叶うものではない。中学生になり、通知票が5段階評価になった。そこでの成績は医者をめざす私にとって、とても満足できるものではなかった。私はしだいに医者になるという夢をあきらめそうになっていた。
 そんな時、私は中学校のキャリア教育講演会で平生中学校出身の大先輩の講演を聞く機会をもった。講師の方は、平生というこの小さな町から、世界へと飛びだした方だった。講演の中でその方は小・中学校時代の成績は特に良くもなく、悪くもなく、いわゆる普通の評価だったとおっしゃった。その方が変わったきっかけは、夢やあこがれをもったことだった。その方は、平生の美しい星空に興味を持ち、星へあこがれ、空へあこがれ、飛行機にあこがれた。そして実際に多くの飛行機の設計を手がけ、最後は宇宙開発にも携わっておられた。
 その方がもう一つ言われたことがある。それは「くじけないで、あきらめないで」ということだ。平生という小さな町の普通の中学校からも可能性はあると希望がもてた。私は講師の方へのお礼の手紙で、次のような気持ちを伝えた。「私は医者になるのが夢です。道は険しいですが頑張って医者になりたいです」と。私はもう1度医者になるという夢を追いかけてみたいとこの時思った。
 小学校の卒業文集にはもう一つ書いたことがある。どんな医者になりたいか、という事だった。私は、人に元気を与えられる、頼りにされる医者になりたい。目標は、もちろんあの先生だ。
 中学校での講演会は、夢を思い出すきっかけを与えてくれた。「くじけないで、あきらめないで」という言葉はその時の私に勇気を与えてくれた。だから、大先輩に感謝している。先輩のように夢・あこがれをもつことは、本当に大切だと思う。
 講師の方に教えてもらった最後の言葉がある。それは、「心のスイッチを入れる」ということ。人間は心のスイッチがオンになると細胞が元気になり、本当に頭や体も動くという事も教えてもらった。
 これから、たくさん乗りこえないといけない壁が次々と私の前に立ちはだかってくると思う。しかし、壁に見えても必ず通る道はあるのだ。その時は心のスイッチをオンにして、不可能なことも可能にしていきたいと思う。私も平生から夢に向かってはばたきたい。

【優良賞】
身近な恐怖
周南市立周陽中学校 2年 石丸 奈由

 いつものように中学校へ登校している時のことです。昨日までなかったコンビニの袋やペットボトルが道の端の方に散らばっていました。ゴミがそこにあるだけで、朝からとてもモヤモヤしたし、誰がこんなことをしたんだ、という怒りでいっぱいでした。
 私は、年に1回お父さんが働いている仕事場が企画しているゴミ拾い活動に参加しています。初めての時は正直驚きでした。みぞにカンを無理矢理おしこんで入れていたり、たばこの吸いがらを草むらに捨てていたり。1歩間違えれば火事になるところです。本当にこんなことをする人がいるのかとうたがうほどでした。
 さらに、小さい頃は、なんで人が捨てたゴミを自分が拾わなければいけないんだ、とずっと思っていました。でも最近になり、つらくだるいこの作業も、自分が町をきれいにしている、という達成感に変わっていきました。それと同時に、これからもこの活動に参加して、いろんな人を気持ち良くさせたいと思うようになりました。
 インターネットでゴミのポイ捨ての量について調べてみると、1年間で7.5トンものゴミが捨てられているそうです。だけどこのデータは、山林や道路付近だけのことなので正確とは言えません。本当はもっと多いはずです。
 そもそもなぜポイ捨てがおこるのか、不思議に思っています。ただたんに捨てるのがめんどくさかったり、ましては誰かが拾ってくれるだろうと考えている人も少なくはないはずです。それは人としてどうなのでしょうか。自分が使わせていただいている施設をよごして、罪悪感はないのでしょうか。
 また、こうしたデータを聞いて、私達にできることはないか、考えてみました。ポイ捨てがよくされているところにポスターをはって防止したり、友達同士で呼びかけあったり、ゴミ箱を増やしたりです。しかし、どれも捨てる人の気持ちを変える大きな案にはなりません。では、どうしたらいいのでしょうか。
 私は、ゴミのポイ捨てによっておこる様々な問題を具体的にあげてみるのがいいと思います。例えば、環境問題です。先日テレビで消したはずの炭を森に捨て、そこから大きな山火事につながったというニュースを見ました。炭を消したはず、と思っていても中はまだ熱く、燃えていたからです。これは森林破壊につながります。その人のちょっとした甘い気持ちだけで今回のニュースのような大事故になるのです。だから、平気でポイ捨てをする人にはこういった大事になるかもしれないとしっかり伝えてあげたいです。それが、普段からお世話になっている地球への感謝の気持ちになると思うからです。
 それに、ゴミのポイ捨ては軽犯罪ながらも立派な犯罪です。中学生がゴミのポイ捨てをするのは、未成年者が犯罪を犯すことと同じなのです。そして、それを続けていくとだんだん罪を犯すことに慣れていき、大人になる頃には犯罪がエスカレートしていくことだってあります。つまり、今している行動は、自分の将来を潰すことになるのです。そんなことは、なにがなんでも防がなければなりません。
 改めて考えてみると、ゴミのポイ捨てはとても怖いものだなと思います。心の弱さからなる、身近にひそんだ恐怖であると言っても過言ではないです。
 だけどその恐怖は、自分がもつ意思で変えられます。一人一人の行動が、私達の大切な未来へとつながっていくのです。

【優良賞】
あたりまえの幸せ
下関市立彦島中学校 3年 中川 知優

 私の胸に何かがつきささった。それは受験生となって3度目の全校集会のとき、ナイジェリアで起こった「生徒拉致事件」について校長先生が話された時の話である。そのとき「もしも私が被害者側の立場なら。」などといろいろな感情がこみ上げてきた。そして私は事件についてもっと知ろうと、家で詳しく調べてみた。するといくつかのことが明らかになった。それはこの事件がイスラム過激派によるものだったということと、拉致されたのが17歳前後の女学生233人であったということだ。私はそのとき初めてナイジェリアという国の状態を知った。1億6千人以上を超える人口のうち、70万人が奴隷状態であるということ。そしてその多くが誘拐や親族の借金のために売られた人なのだという。その上、この事件を起こしたイスラム過激派は激しすぎるテロ活動で知られているそうで、この組織は今までに千人以上の人の命を奪っているらしい。この事件の目的を彼らは、「拉致した少女たちを拘束して、花嫁として売り飛ばす。」とまで宣言していた。人が人を売りさばいていいわけがない。私はとても残虐な話であると思った。しかし私にはそれ以上の感情はわかなかった。「悲しみ」や「怒り」といった思いは浮かんできても、「怖さ」や「恐れ」といった感情が出てこなかった自分に気付きはっとした。きっとどこか日本とは無縁のことだと思ったのだろう。戦争は日本にとってそう遠い未来のことではないと思う。しかし私たちにとっては日本という国が平和であることがあたりまえになっている。まして私たちが奴隷となる日が来るなんてとうてい考えられない。日本人は世界の争い事を客観的な感情でしか見ることができないのではないだろうか。だけど私はこのままではいけないと思う。実際、被害者も、もちろん加害者も私たちと同じ人間なのだから、一つ一つの問題を一人の人間として見つめ直す必要があると思う。
 このような国際問題はまだまだたくさんある。それにより毎日数えきれないほどの人々の命が失われている。内戦から直接的に死に至る人もいれば、内戦による食料不足などで命を落とす人もいるのだ。
 ではいったい世界ではどのくらいの人が飢餓に苦しんでいるのだろうか。きっと私たちが思っている以上にいるはずだ。しかし苦しんでいる人たちがいる一方、私たちはどんな生活をしているだろうか。無意味な時間を過ごしてはいないだろうか。私はテレビで貧困地域の子どもたちの特集を見たとき、何とも言えない感情に襲われた。その痩せ細った体で1日1日を一生懸命に生きている姿に、言葉がでなかった。だけどそれ以上に私は自分自身に悲しくなった。私はその日、給食を残したからである。そのときふと思い出した。それは小学校頃、学級活動としてしていた「完食記録」のことだ。どんなに休みの人が多くても完食し続け、1年間の完全完食を成し遂げた。そのときは、残さないのがあたりまえ。しかし今はどうだろう。残飯があるのがあたりまえとなってはいないだろうか。
 「あたりまえ」とは一体何なのかと私は思った。今私にとって学校へ行けること、食に不便がないこと、家族がいること、私の居場所があること、全てがあたりまえであると思う。日本人の誰もがそう思っているのではないだろうか。だが他の国ではどうだろう。私たちの逆のあたりまえがあるかもしれない。
 ではそう思うことがいけないのか。それは違う。私は、あたりまえと思えることは幸せの証なのだろうと思う。だから、私はあたりまえのことへの感謝を忘れないようにしていきたいと思う。そして私の周りがたくさんの自然の笑顔であふれる、あたりまえの幸せが「あたりまえだ」と言える人になりたい。

【優良賞】
安心な国 日本
田布施町立田布施中学校 3年 石川 花鈴

 みなさんは、毎日の暮らしの中で、安心して暮らせていいなぁ、と思ったことがありますか。災害や交通事故にあわなくて良かった、というようなことではないのです。
 私は今年の5月までアメリカ合衆国のアリゾナ州で暮らしていました。父の仕事の関係で生まれてすぐに渡米したのです。アリゾナは1年のうちの300日以上が晴れで、夏の気温は45度にもなります。
 私が通っていた学校は日本人と大きく違っていました。まずは窓の数です。日本の学校の窓は日が差し込む方向の一面が窓ガラスで覆われています。でも、私が通った学校は違います。窓がないのです。あるのは明かり取り程度の小窓で、厚い防弾ガラスがはめ込まれています。ドアも防弾の鉄製です。学校に入る門は全て鍵がかけられ、警察官とガードマンが見張っています。そして学校をパトロールしています。もちろん2人とも拳銃を持っていました。
 2012年、アメリカのコネチカット州では、小学校に銃を持った男が侵入し、何十人もの子どもたち目がけて、銃を乱射しました。そして、無残にも多くの尊い命が奪われるという事件が発生しました。
 アメリカでは、このような事件は決して珍しいことではなく、日常的に次々と起こっているのです。
 また、アメリカでは、通学方法はスクールバスや車です。そして、アメリカのスクールバスは優先車両になっています。日本のように小学生が歩いて学校に通うことなどあり得ないことなのです。1人で歩いていたら、だれかにさらわれそうで怖いのです。
 私は日本に帰ってきて、「なんて日本は油断しているのだろう」と日本とアメリカの学校のセキュリティの違いに驚きました。もちろんアメリカも日本も生徒の安全を第一に考えていることに変わりはありません。ただ、その方法が全然違うことがとても不思議でした。私が、今、通っている中学校の正門は1日中あいています。不審者がいつ入ってもおかしくない状況です。不審者に「どうぞ、お入りください。」と言っているようなものです。
 けれども日本で暮らすうちに、アメリカのようなセキュリティは必要ないことがわかってきました。
 なぜ、日本は安全なのか、私なりに考えてみました。
 アメリカでは、ちょっとした不満やトラブルでも拳銃を乱射するような凶悪な人たちがいますが、日本にはそのような人はいません。少なくとも私が住んでいる町はとても穏やかでやさしい人たちばかりです。
 また、日本人は大変礼儀正しい国民だと思います。学校も町も大変きれいです。そして、自分たちで使うところは自分たちで掃除をして、きれいにしようと心がけています。困ったことがあれば、となり近所や地域で助け合う気持ちを持っています。何よりもお互いを信じ合う気持ちを持っています。だから、拳銃を持って身の安全を守ることは必要ないのだと思います。安心してのびのびと生活が送れる日本は世界のどんな国よりも理想的であり、すばらしい国なんだと改めて思うようになりました。
 今、アメリカでは、安全な学校生活を守るため、新たな問題が起きています。「ガン・コントロール」という大問題です。これは、全国の学校の各教室に拳銃を保管しておき、いざ犯罪者に襲われたら、その教師が拳銃を手に持ち、攻撃をしても良いという制度です。これだともちろん生徒の命を救う可能性は高くなるかもしれません。けれども、拳銃に慣れていない教師は誤って人を傷つけてしまうという反対の意見もでています。長い議論が今でも続いています。
 最近、日本でも凶悪事件が増えていると感じている人もいるかもしれません。日本がアメリカのようになってしまう恐れがあります。しかし、そんなことになってはいけません。
 私は、これからも安心して生活できる学校や街であってほしいと思います。いや、絶対にそうでなくてははならないと思います。日本人の思いやりの心や礼儀正しい心は全世界が見習うべきだと思います。
 私は14歳までアメリカで暮らしましたが、今、日本人として安心して暮らせるこの国を本当に誇りに思っています。

【優良賞】
「水のありがたさ」
萩光塩学院中学校 3年 齊藤 彩華
 
 昨年、私達の住んでいる山口県を大きな水害が襲いました。「水」の恐ろしさを肌で感じた出来事でした。大量の水によって泥が流され、家も学校も破壊されたのです。しかし、その後、住民たちは、生活用水の不足による不自由さを強いられました。
 「水。」私達の生活とは切っても切れない大切な「水。」そこで、私は「水」について調べてみることにしました。
 私は、水を使うときに「使いすぎていないか?」と思うことがあります。また、この水が無くなったらどうなってしまうのだろうとも思います。蛇口をひねれば当たり前のように水がでてきます。私たちは、1日にどれくらいの水を使うのでしょうか。同時に、どれくらいの水を無駄にしてしまっているのでしょうか。みなさんは普段何気なく使っている「水」について考えたことはありますか?
 朝起きて顔を洗うのに1回、歯磨きをするのに2〜3回、学校や家で手を洗うのは10回以上、お風呂では大量の水を流します。飲む、洗う、流す、かける・・・数え切れないほどの量の水を私達は生活の中で利用しているのです。水はゼロ円ではありません。そう考えると、節水を考えます。私は、実際に節水をしてみようとしました。しかし、蛇口をひねれば当たり前のように出てくる水を目にすると、節水しようと思っていたことを忘れてしまいます。そして、どうしようと気がついたときにはもう遅いのです。大量の水を使ってしまっています。
 私は、水に関する問題などについて知りたいと思い、インターネットのホームページで水について検索したところ、NPO法人ネットワーク「地球村」のホームページに次のような記事を見つけました。
 「地球は水の惑星と言われていますが、98%が海水で、淡水は2%、その大部分は南極や北極の氷山などで、私たち陸上生物が利用できる水は全体の0.01%にも満たないのです。」
 地球上には、多くの生物が共存しています。もしも、地球上の水が風呂桶1杯ならば、我々生物が使える水はほんの1滴の水しかないそうです。「1滴の水。」すべての陸上生物で分かち合うべく命の水が、わずか1滴・・・。実は、現在、世界の約7億人が水不足の状況で生活しているのです。不衛生な水しか得られないために毎日4900人(年間約180万人)の子どもたちが亡くなっているそうです。
 この少ない水を分け合って生活している私たち自身に感動しました。しかし、私たち日本人が水をどれだけ無責任に使っているのかということに気付きました。世界各地で起きている水不足を引き起こしている原因の大部分は、アメリカやEC、日本などの先進国の水の大量消費にあるとも言われています。私たちの豊かな生活を支えるために水の使用量が急増したことが、最も大きな原因だそうです。今、地球の「水」は危機にあります。水を汚し、無駄に使っているのが自分だということを知らなければなりません。水を大事に使うなんて簡単なことじゃないかと、思うかもしれません。しかし私たちは、しなくてはならないと頭の中で思っているだけで、台所で油を流してしまうなど、ついやってしまい、節水することを忘れてしまうのです。節水は難しいです。
 今後、2050年に人口は90億人になると言われています。食料生産や途上国の経済発展に伴ってますます水需要が増加します。さらに、温暖化により、世界各地の雨の降り方も大きく変化し、乾燥化が進むところや洪水により、かえって飲み水などが不足する地域も出てくるということが予想されています。予測されていることを元に、防ぐことができるといいと思いました。だから、身近なものから節水を心がけたいです。私は今回、「水」について初めて知ることが多かったです。
 私たちの身近にある「水。」コップの回りにつく水滴を見て、私たち地球に住む生物が分かち合う「水」の大切さを改めて、今感じています。


 

平成25年度「少年の主張コンクール山口県大会」入選作品について
2021/06/04
コンクール出場者のみなさん
コンクール出場者のみなさん
【最優秀賞】(県知事賞)
手紙の力
宇部市立常盤中学校 2年 睫據/振
 
 引き出しの奥にあった便箋。最近は、手紙を書くことはありませんでした。携帯電話があれば友達への連絡も、「ありがとう」「ごめんね」の言葉も指先で簡単に伝えられるので、不自由なことはありません。返事もすぐに返ってきます。考えてみると、年賀状でさえ手書きの物は少なくなりました。挨拶文も住所も印刷され、手書きのメッセージが一文あればいい方です。慌ただしい年末に、心をこめる余裕もなく作業的に書いていました。
 字を書いて伝えるということがなくなっていた。そんな中、春休みに行われた子供自然体験スクールに参加しました。このスクールには、携帯電話を持って行くことは禁止されています。一週間、親や学校の友達と離れ、連絡もとれません。いつものメールもできません。ですが、不思議なことに寂しさは感じませんでした。
 スクール三日目の夜に「親子の絆」について講話がありました。指導者の若い頃の体験談です。手作りヨットで単独太平洋横断を決意し、その思いを両親へ伝えた時、大変反対されたそうです。しかし、思いは強く諦められない。お父さんとの会話もなくなり、出発の日も見送りに来てくれた両親と会話することもなく出航。ところが、お母さんからのお弁当を開けた時、二枚の紙が入っていたそうです。一枚はお母さん、そして、もう一枚はお父さんからの手紙。お父さんはただ一文書いていたそうです。「生きて帰れ」と。このわずか五文字にお父さんの愛情を強く感じたと言われました。そして、何度も読み返し、両親への感謝の気持ちと、「行ってきます。」と言わなかったことを後悔し、涙を流したそうです。
 この講話の後、一人ひとりに親や家族からの手紙を渡されました。突然の手紙に皆驚きました。暗い部屋の中で、懐中電灯の小さな灯りのもと、それぞれ家族からの手紙を読みました。皆、泣いていました。私も涙があふれて止まりませんでした。中学生になり、母とよく喧嘩をして、口をきかないことも多くなりました。そんな私に母から手紙が届くとは思ってもみませんでした。驚きました。
 そこには、スクールに参加させた母の思いが書いてありました。「転校したこともあり友達関係にとっても悩んだこの一年。学校に行くことがつらかったこともあり、いつも喧嘩ばかりしていたね。そして、じきに笑顔を見せることもなくなり、暗くなる一方だったね。だから、このキャンプでたくさんの楽しいことをして笑顔で帰ってきてね。」と私をはげますような力強い文字でした。
 私は、どうして喧嘩ばかりしていたのだろう。母の気持ちも考えずに、自分の言いたいことばかり言ってきた。それでも母は私を心配している。改めて家族の大切さを知りました。周りの友達も手紙を読んで感謝や反省をしていました。私も友達も皆涙が止まることはありませんでした。
 手紙のもつ力。手紙は素直な気持ちを与えてくれる。何度も読み返すことができる。一文字一文字に心がこもっている。手紙を書いている時、相手のことを思っている。
 「生きて帰れ」たった五文字で、お互いの気持ちがつながる。自分を振り返るチャンスを与えてくれる。
 母の手紙がなかったら、母の気持ちなど考えることもなく反抗するばかりだったことでしょう。顔を見て言いにくい時、文字が心を伝えてくれる。それは、相手のことを考えながら書き、書き間違ったら書き直すという作業の中で、気持ちが「文字」に表れるからではないでしょうか。あの日の母からの手紙がメールであれば、あれほどの感動、驚き、涙することはなかったかもしれません。毎日家事と仕事で忙しい中、手紙を書いてくれたと思うと、本当にうれしかったです。
 今でもスクールの友達と手紙の交換をしています。皆、手紙のもつ力を感じたからでしょう。小学校の友達にも手紙を書いてみました。すると、手紙で返事が戻ってきたのです。忙しい中学校生活の中でも懐かしい文字と絵が書いてありました。やはり、手紙はうれしいものです。相手の顔を思い浮かべながら郵便ポストに出す楽しみも、友達からの手紙を待ち郵便受けを見る楽しみも増えました。メールも、もちろん便利ですが、手紙という古風なのもまた一層いいものだと感じています。

【優秀賞】(県教育長賞)
理想の大人
平生町立平生中学校 1年 山本 怜花

 将来、私は設計士になるのが夢だ。「心をこめて設計をして、たくさんの笑顔に出会いたい。」「自分がたのまれた仕事は、責任をもってやりとげたい。」私は、立派な大人になりたいと思っている。
 しかし、現実には、社会の中には立派とは言えない大人が存在し、日々のニュースを見ていると、心が暗くなる出来事が起こっている。ルールを守れない無責任な大人たち。ゴミのポイ捨てをした人を私は目の前で見た。草むらに、どうどうと食べたゴミを捨て立ち去った。私たち子どもは大人の背中を見て、成長する。「ポイ捨て」という行為が、マナーに反するだけでなく、私たち子どもにどんな悪影響を与えるか、しっかりと考えてほしいと思う。
 でも、同時に、私の周りには、尊敬できる人が多くいる。中学生になった今だからこそ分かることもある。小学生の頃は、ボランティアに参加している人を見ても、そんなに深く感謝という気持ちはもたなかった。でも、今の私は、ボランティアに参加している人を見ると、感謝の気持ちでいっぱいになる。毎日、私たちの登下校を見守ってくださる方々がいる。テストの日には、「今日は、初めてのテストだね。がんばって。」と言ってくださった。私は、とてもうれしくテストにがんばって取り組むことができた。また、他の人が捨てたゴミを拾ってくれたり、歩道にはえている草をぬいてくださる近所の方々がいる。見て見ぬふりをする人もいる中で、地域をきれいにしたい、子どもを大切にしたいと思ってくださるのは、とてもすばらしく、まさに私が尊敬したい大人の人だ。私がこんな気持ちになった一つの原因は、私たちの中学校で行っている「ボランティア活動」の推進にあるのではないかと思う。私たちの学校は、「緑と花を大切にする」という心がけのもと、学校の花壇の水やりや苗植えなどを、委員会だけでなく、生徒のボランティア活動で行っている。また、地域の清掃活動や花植えの活動にも地域の方とともに、多くの中学生がボランティアとして活動する。そのような、中学校で学んでいる「ボランティア精神」「地域への感謝の気持ち」が、私に今まで見えていなかった。「立派な大人」の存在に気づかせてくれたような気がする。
 先日、あるテレビの番組で、エジプト人科学者シェリフ・エル・サフティ博士のことを知った。博士は、福島第一原発の事故から二年以上経った今も、放射線との闘いが続いている福島の人のために、自分の研究を生かし吸着剤「HOW」を開発した。この吸着剤は放射性廃棄物を減らす可能性を秘めたものだそうだ。親ぞくの反対をおし切り、自分のすべてをかけて研究に挑んだ博士の話に、私はとても感動した。『「命のための科学」………私の研究は、命を守るためにある。』という博士の言葉が深く心に残る。国境をこえ、人のためにつくそうとする姿は、私に大切なことを教えてくれた。その博士の娘は、博士と同じように、研究者の道をめざしているという。博士は尊敬できる父であり大人である。
 私にも仕事に対する姿で尊敬できる人がいる。それは、私の父だ。私の父は、責任感が強く何の仕事に対しても最後まで一生懸命に取り組む。だから、いつも夜帰ってくるのが遅い。父がいつも言っている「だれかがやらなければいけない。」という言葉が印象に残っている。自分の仕事が大変な時でも困っている人がいたら、ほっておけない。仕事中の父の顔は、とてもりりしくかっこいい。私も学級委員の仕事を責任もって行っている。大変だと思う時もあるが、やりとげた時の達成感は言葉で表すことができない。父を見習いたいと思っているからだ。
 十年後、私は社会人になっている。「尊敬できる大人」になっていたいと思う。そのために、進んでボランティア活動に参加をし、見本となる大人から多くのことを学び、日々成長していきたいと思う。そして、そのような輪を広げていける存在に私はなりたいと思う。「尊敬できる大人」が一人でも増えることで社会は確実にかわっていくと思う。今の気持ちを大切に、私にできる一歩を見つけ続けたい。

【優秀賞】(県民会議会長賞)
兄が教えてくれたこと
山口市立鴻南中学校 3年 村田 一貴

 僕には三歳年上の兄がいます。兄は生まれたときとても難産だったそうで、助産師さんがかなり強い力で引っ張り出し、ようやく無事生まれることができました。しかしそのときに肩を引っ張られたために、右手の神経が一部きれてしまいました。すぐに大阪の大きな病院で手術が行われ、その後ずっとリハビリに通ったおかげで、兄は今、ほとんど不自由なく生活することができます。でも、左手と比べると右手の握力は半分しかないし、やりにくい動きもたくさんあります。
 僕たち二人は、母がピアノの先生だったこともあり、小さい頃からずっとピアノを習っていました。コンクールにも参加し、手にハンディのない僕は、兄より多く予選を勝ち進み、全国大会にも出場することができようになっていました。その頃の僕は、勉強やスポーツ、何でも僕より勝っている兄にピアノは唯一勝てるものだと思って、毎日練習に励んでいました。
 そんなある日、同じコンクールで全国大会に進んだ僕たちは、演奏を終え、ロビーで結果を待っていました。そしてついに結果が張り出されましたが、その紙には兄の名前があるだけで、僕の名前は何度探してもどこにもありませんでした。兄は、初のアジア大会進出を決めたのです。僕は頑張っている兄の姿を一番近くで見てきました。兄の苦しい気持ちもわかっていました。でも、そのときの僕は胸が張り裂けそうなぐらい悔しい気持ちでいっぱいでした。「なぜ僕じゃないんだろう」と。
 今まで僕も精一杯練習し、努力をしてきました。でも、兄はきっとその何倍も何十倍も努力してきたのです。縄飛びや倒立、学校で行う両手を使うすべてのことを、兄は一度も右手のせいにして「できない」なんて言ったことがありません。ピアノも僕より長い時間あきらめずに練習してきたのです。そのことに気づいた僕は、自分が悔しいと思ったことが恥ずかしく思えてきました。
 僕は中学生になって、ある国際コンクールの本選に出場しました。でもそのときの僕は今までの僕と少し違った気持ちでその場に立っていました。どの人の演奏も自分よりうまく聞こえてくる中での張り詰めた空気、なんともいえない緊張感、それはいつもと変わらないものでした。けれど、その日の僕は初めて何より自分に負けたくないという思いでいっぱいだったのです。今までの練習に自信を持って、今、自分のできる最高の演奏がしたい、心からそう思いました。
 結果は入賞、ファイナル進出を決めることができました。結果を知らせると兄は電話口で、「すごい、すごい」と自分のことのように喜んでくれました。その言葉は僕にとって何より嬉しいものでした。僕はこの経験を通して、自分自身に負けないことがどれだけ大事なことか、そしてどれだけ大変なことかということを思い知ることができました。
 中学三年生になった今でも、僕は勉強、ピアノなど大変なことから逃げ出したくなることが時々あります。けれど、あのコンクールの日に感じた思いは絶対に忘れられない、忘れてはならない思っています。自分が初めて、兄にではなく、自分に勝てたと思えたあのときの気持ちを、これからも大事にしていきたいと思います。
 僕が将来、大人になったとき、頑張っている人に出会ったら、素直にその人を尊敬できる心を持っていたいと思います。そしてそんな誰かと自分を比べるのではなく、その人のように、いやその人以上に一生懸命頑張ろうと努力する自分でありたいと思います。そして僕の兄のように自分の頑張る姿が、人の心に何かを伝えられるような、そんな大人になっていたいと思います。

【優良賞】
ボランティアを通して
周南市立熊毛中学校 3年 西村 咲綾

 「おつかれさま。」私はこの言葉をもらう度地域になじんでゆく。そんな気がする。
 私たちの学校は、地域のボランティア活動が盛んだ。ボランティアに参加する機会が多く用意されていて、多くの生徒が参加している。例えば、地域の清掃活動や、地区の祭りの準備・片付けなどがある。私は、地域とかかわれるこの校風が好きだ。
 私がボランティアに参加する時、地域の方に必ず掛けていただく言葉がある。それが、「おつかれさま。」である。「あたりまえだ。」という人もいるだろうが、私には最高のプレゼントだ。
 私が参加したボランティアに、地域の夏祭りがある。この祭りでの中学生のボランティアスタッフの募集は初めての試みだということで、私たち生徒も緊張とわくわくする気持ちでいっぱいだった。夏祭りが始まるのは夕方だが、準備は朝から始まった。朝日の当たる中、ちょうちんや電球をつけたり、電線をうめたりした。いざ本番になると、会場いっぱいをうめつくすお客さんに驚きながらも、綿菓子の出来上がりを待つ小さな子供のキラキラと輝く笑顔を見ることができた。祭りの一般客ではできない、貴重な経験をすることができた。片付けも終わると、皆疲れ果て、私たちも会話が無くなる程疲れていた時、こんな声が聞こえてきた。「みなさん、明日は12時に集合でーす。」私たちは驚いた。私たちが経験しただけでも大変だった。しかも前日からも準備したりしていると聞いている。地域の方は、本当にこのお祭りの運営に尽力されていることを知った。
 私たちが帰りの支度をしている時、自治会長さんにある言葉をかけていただいた。その言葉とは、「おつかれさま。今日はありがとうね。」である。私はその時、単純に、地域の活動に貢献できた事への喜びしか感じていなかった。
 しかし、その言葉が心にずっとあたたかく残っているのだ。
 私たちの住んでいる地域は田舎で、見知らぬ通行人にあいさつしても、ほとんどの確率であいさつが返ってくるような、とても温かい土地柄だ。だから、あんなに優しく、「おつかれさま。」と言ってもらえるのではないかと思う。例えば、都会ですれ違いざまにあいさつする人などいないだろう。もしあいさつしたなら、変な目で見られるかもしれない。
 私たちの地域で受け継がれているあいさつがある。それは、「ただいま帰りました」だ。児童・生徒が地域の方にするあいさつである。この言葉は、地域で子供を育てるような、本当にいい伝統だと思う。他の地域では聞かないこのあいさつは、温かいということの象徴のように感じる。
 地域というのは、大きな家族のようだ。私たちの地域では、みんなで子供の成長を見守ってくれている。その中で育った子供が大人になって子供を産み、そしてその子供が育ち、大人になってゆく。そんな連鎖が続いていることで、自然と伝統が受け継がれていくのだと思う。
 また、この「ただいま帰りました」というあいさつには、「いつも見守ってくれていることへの感謝」も込められている。「今日も無事に帰ってきました。」という気持ちを込めなければならない。
 この言葉のように、「言葉で伝え合う」ことは、人と人とがつながり合い、距離を縮めるときになくてはならない存在であり、とても大事な道具だ。言葉で伝え合ってこそ初めて地域との深い絆が築けるのだと思う。
 ボランティアを通じて、この地域は本当に温かいということを再確認した。この良き伝統を守り、継承して、地域の和を広げていきたい。

【優良賞】
後悔
周南市立熊毛中学校 3年 中原 実乃里

 「7時20分…。」その瞬間、皆は声を上げて泣きだした。祖父が死んでしまったのだ。
涙が流れる、皆の瞳から、私の瞳から、悲しみの涙が。だが私には、もう一つの涙があった。その涙の意味がわからない。どう考えようもわからず、モヤモヤするばかりだ。
 私は安らかに眠る祖父の顔を見つめる。この涙の意味はいったい…。
 私は祖父のことがあまり好きではなかった。祖父は私に厳しかった。食事でも、態度でも、少しでも悪いことや間違ったことをしたらすぐ怒る。その度に私は部屋にこもり、泣きたくなるのを堪え唇を噛み締める。「なんで私だけ。お兄ちゃんは悪くないの?おじいちゃんだって若い頃はそうだったんじゃないの。」そう思いながら堪えきれなくなった涙を流す。「悔しい。おじいちゃんなんか嫌い。」その言葉が私の中に埋め尽くされていく。兄だって悪いことをしていたのに祖父は私にだけ厳しい。私は祖父に嫌われているのかとも思う。もう一つそう思わせるものがあった。それは、写真だ。祖父は、兄の生まれた時の写真は飾ってあったのに、私の写真は飾っていないのだ。そのことに気付いた時、私は祖父に嫌われていると確信した。それからは祖父とは話せないでいた。
 昔のことを思っていると、母が泣きながら言った。「実乃里、おじいちゃんはね、美乃里のことを一番かわいがってくれたんだよ。」と。私は信じられなかった。祖父が私を一番かわいがってくれたなんて嘘だろうと。しかし、祖父との日々を改めてふり返ると…。
 祖父は私をよく買い物に連れていってくれた。誕生日や、そうでない日も電話をしてくれ、予定がない日は、欲しい物を一緒に買いに行ってくれた。他にも、母の日の時にプレゼントを買う時も協力してくれた。母に聞いた話だが、私が学校に行かなかった時、とても心配してくれたみたいだ。祖父に対する思いこみがほどけていく。どうしてちゃんと祖父を見なかったんだろう。こんなにも私のことを考えていてくれたのに。そんな思いがあふれてくる。あんなに嫌いだと思っていたのに。死んだ後になって本当の祖父の気持ちが分かるなんて。とても悲しくなった。何度もあやまりたくなった。ごめん、ごめんと、祖父に。
 そして分かった。もう一つの涙の意味が。それは後悔だ。私は後悔していたのだ。祖父ともっと話せば良かったと。そのことが分かった途端、涙が止まらなくなった。どうして、どうしてもっと話さなかったのだろう。そう思った。祖父ともっと話していたら、祖父との日々が変わっていただろう。嫌いだと思いこまずに、もっともっと話していたら。後悔だけが胸を占める。何度も思っても変えられないし、変わらない。祖父がもう目を覚ますことはないのだ。もう一緒に笑い合うことはできないのだ。祖父の心のおくに気付けたらと今でも後悔する。だが、もう祖父が生きていた頃には戻らない。
 これからは、取り返しのつかない後悔はしないと決めた。
 祖父は最後に私にとても大切なことを教えてくれたのだ。それは人ときちんと向き合うこと。私を大切に思ってくれている人の気持ちをしっかりと受け止めること。かけがえのない命。でもその命はいつか終わってしまう。
 「実乃里、頑張れ。」今も私の心の中に聴こえてくるおじいちゃんの声。おじいちゃんの心は、私の心の中で生き続けていく。

【優良賞】
障害者に歩みよって
山口県立高森みどり中学校 3年 芝原 朋香

私と同年代の中学生の多くは、障害者についてなんて考えたことなどないでしょう。障害者といえば、「意味のわからない奇声を発するきもちの悪い人たち」としか思っていないだろうと思います。友達と一緒に歩いていてときどき障害者らしき人を見かけると、引いたような目で見るか、クスクスと笑うかのどちらかです。その様子を見ると、悲しさがないとは言いませんが、やっぱりそうだよなあ、と納得してしまうことが多いです。実際私の弟が障害者でなければ、私も他の人と同じような目で見てしまうかもしれません。
 私の弟はダウン症という障害を持っています。この特徴の一つに身体や知能の発達が他の人より遅いということがあります。私の弟はたしかに変です。四六時中声を出しているし、もう小6なのに片言の言葉しかしゃべれません。ですが、私にとっては、とてもかわいい弟です。だれにも負けないと思っています。よく、障害者を弟や妹にもつ子が自分の弟や妹を恥ずかしがって隠してしまう、というのを聞きます。ですが、私は昔からその心情が理解できませんでした。弟を恥ずかしいと思ったことなんかないし、小学生のころは逆に見せびらかしたいと思っていました。まあ、でも店の中で大声を出して走り回られたときは別でしたが。私は弟を他の子よりちょっと成長が遅いだけ、と思っています。
 そもそも「障害」とは何なのでしょうか。国語辞典で調べたら、「さまたげになること。また、さまたげになるもの。」と出てきました。さまたげ?何のさまたげになるのでしょう。社会?家庭?そんなことはないと思います。少なくとも弟が私たち家族のさまたげになっていることはありません。むしろ生きがいとなっていることのほうが多いように感じられます。自分に正直に生きている障害者から何かを学ぶこともきっとあるはずです。ですから、私は、「障害者」という言葉が好きではありません。これ以外に表せる言葉がないので使っていますが、本当ならば使いたくありません。障害者を「障害者」と定義しているのは健常者なのです。障害だと思うから障害になるのです。障害者にだって心はあります。考えだってあります。もっと障害者本人を一人の「人」として見てほしいのです。
 今、健常者に必要なのは、まず第一に「知る」ことだと思います。知らないことは理解できません。少しずつでいいのです。健常者のほうから障害者にもっと歩みよってほしいと思います。障害者はやはり一人では生きていけません。障害者は小さな子どものようなものです。できることは普通の人に比べたら少ないし、うまくはできません。そんなときはきっと人の助けが必要になります。でも、だからといって「障害者だからしょうがない」というふうにあきらめないでほしいのです。障害者にだってできることはあるし、やりたいこともあります。だから健常者は、やさしく見守ってあげて、少しだけ手を貸してあげてください。それがきっと本当の「障害者のために手をさしのべる」ということだと思うのです。
 健常者と障害者が互いに学び合いながら、かかわり合っていける社会が生まれることが私の望みです。障害者は、かわいそうな人なんかじゃありません。一度同じ目線に立ってみてください。健常者と障害者が一緒に笑いあえる場面を、これからもっと見られることを願っています。

【優良賞】
リーダーとして
周防大島町立久賀中学校 3年 中野 弘崇

 「生徒会、大変だね。」
 2年前初めて生徒会執行部に所属した時、僕は周りから言われたこの言葉の意味が分からなかった。よりよい学校を創るために精一杯頑張ろうと生徒会に入ったが、実際は与えられた仕事だけをやり、特別何をするわけでもなく、名ばかりの執行部として日々を過ごしていた。
 そんな僕を変えたのが、ある先生との出会いだ。その先生は今まで僕たちが見たこともないようなタイプの方で、ストレートにものを言い、自分が決めたことは最後まで貫く方だった。厳しい印象の方だったが、一緒に過ごすうちにやさしくユーモアに溢れる先生の一面に気づいた。他の生徒からの信頼も厚いこの先生と接していくうち、自分も人の上に立つ立場になって学校をよくしたい、みんなから信頼される人になりたいと思うようになり、僕は生徒会長にになった。
 しかし、現実はそう甘くはなかった。僕自身、生徒会長として信頼されるには、ほど遠い存在だった。僕は生徒の代表として生徒会執行部にずっと所属していたはずなのに、会議の進め方やみんなの意見を聞き、まとめることさえ知らなかった。僕は後悔した。どうして今まで真剣に仕事に取り組んでこなかったのだろう。「生徒会、大変だね」という友達の声が耳にこだました。僕は生徒会長としてというより、一人の人としての基盤ができていなかった。人はそのときだけいい格好をしようとしても無理である。日頃からきちんとしていなければ必ず見せかけのメッキは剥がれてしまう。まとまらない学校を見て僕は自分に絶望した。自分はこんなにも無力だったのかと失望した。そしてこの時から僕は学校を動かすことよりまず自分の人としての基盤を作ろうと思った。弱気にならないことはもちろん挨拶をきちんとし、掃除もまじめにやり、人がごみを捨てているところを見たら注意するなど、人としての基盤を作っていった。あたりまえのことをやるだけのことなのだが、その時の僕にはその基本的なことが必要だった。そのうち、いろんなものに対する見方や考え方が変わり、気づけば周りから信頼されるようになっていた。
 久賀中学校は給食の待ち時間に「久中タイム」という時間を設け、様々な活動を行っている。その中に合唱練習があり、生徒会が中心となって活動している。僕たちは去年の夏、全校生徒で合唱コンクールに出場した。コンクール出場は素晴らしい経験だったが、そのために行われた夏休みの猛練習は過酷で、
「もうあんな苦しい思いはしたくない」
 と、その後は合唱への取り組みに難色を示す生徒が多かった。だから僕たちがいくら一生懸命働きかけても言うことを聞いてくれなかった。だらだらとまとまりのない練習をするうち、僕もだんだん嫌になり、たまにうわべだけの注意をしては、適当にやり過ごしていた。しかし、ある時「生徒会もちゃんと歌ったら。」と冷ややかに言われた。腹立たしかったが、いい返すことができなかった。考えてみれば、こちらが一方的にいろいろ言うだけで、僕はみんなの立場になったことが一度もなかった。例えば、「今から10キロ走ってこい。」と言っても、反発されて終わりである。10キロ走るつらさがわからないとこういう言い方になってしまうが、10キロ走るつらさを知っていてみんなの気持ちが分かっていれば、「えらいかもしれんけど、頑張って走ろうやあ。」という言い方に変えることができる。僕はそのことに気づき、自分もちゃんと歌い、みんなの立場になってものを言うようになった。すると少しずつではあるが、気持ちを分かってくれる人が増えてきた。リーダーはただえらそうに指導するのではなく、みんなに指導することを自分も身を以て経験し、それから伝えることが大切だと思う。また、どんなに正論を言っても、それが周りから信用されていない人の口から出たものなら何の意味もない。
 僕はこのような経験を通して、リーダーとして必要なことをたくさん身につけていったと思う。今では生徒会長として自分なりに自信を持って行動することもできるようになってきた。そして、何よりも忘れてはならないのは周りの人の協力である。僕は僕一人の力で成長したとは思っていない。リーダーは表に出て活躍する人だが、表があれば裏がある。裏の支えによって表がより際立つ。だから僕は先生や家族、他の生徒会のメンバーなどに支えられていることに感謝している。自分が先生と会って良い影響を受けたように、自分もリーダーとして周りに良い影響を与えられる存在になりたいと思う。そして、心で動かせるリーダーになっていきたい。

【優良賞】
本物の友情
周南市立周陽中学校 2年 武藤 悠子
 
私が、今までで一番嫌な思いをした出来事が、私を良い方向へと導いてくれた。
 私は、中学生になり、ソフトテニス部に入部した。それまで、勉強でも友達関係でも、困るようなことは一切なく、順調な日々を送っていた。
 ところが、ある時、私の世界は一転したのだ。私が所属しているチームの2年生は、14名という大所帯だ。練習するにも人数が多すぎるので、二つのグループに分かれることになった。ただ人数を半々に分けるために作ったグループだったが、片方は少し華やかな雰囲気のグループ、もう片方は真面目で地味な雰囲気のグループになった。そして、私は華やかな雰囲気のグループにいて、正直なところ、もう一方のグループを見下すような気持ちをもっていた。すると、ある日、私の居場所がなくなった。グループの皆から、仲間はずれにされたのだ。急に一人ぼっちにされ悲しくつらい日々を送っていた私が、結局たどりついたのは、見下していたはずの「もう一方のグループ」だった。もともと華やかな雰囲気が好きな私にとって、そのグループは決してぴったり合うグループとは言えなかったが、その時の私には、とても温かい居場所だった。
 そのうち、私は、自分の中の変化に気づいた。「真面目にコート整備をすること」や「人の指示に従うこと」はばかばかしいと思ってきたはずなのに、逆に、やらない方が恥ずかしいと思えてきたのだ。もともと入っていたグループの人達は、友達を急に仲間はずれにしたり、面倒なことは他人に任せたりしていた。自分は、これまで、そんなグループで、「嘘の友情」を「楽しい」と思って来たのだろうか…そんな風に考えるようになった。「戻りたい」という気持ちは、もうなくなっていた。それでも、そのグループの人たちの視線や陰口が怖くて、その一方で、腹立たしい気持ちも湧いてきて、自分の気持ちを紛らわせるために、クラスメートや家族に悪口をこぼすようになった。
 そんな時だった。いつも優しい姉が言ったのだ。
「悪口だけは言っちゃいけない。自分に返って来るんだから。」
 はっとした。それから私は、どんなに腹が立っても悪口を言わず、真面目に部活に励んだ。その時初めて、仲間はずれのショックから一歩前に踏み出せたと感じた。
 自分の気持ちや行動が変わったせいか、仲間はずれにしたはずのグループのメンバーが仲直りを申し出て来た。ほかのメンバーの手前、声をかけにくかったはずなのに…と思うと、この二人の行動に救われた気がした。
 そして、これをきっかけに、14人全員で一つのグループになろうという話がもち上がった。初めは、不満をもつ人もいたし、仲良くしたいけど難しいのではないかと、私も思っていた。それでも、話し合いを重ねて、私たちは仲直りにこぎつけた。一番心をゆさぶられたのは、保育園の時からの「親友」の涙だった。私を仲間はずれにしたグループの一員だったので、一時は、彼女に裏切られたと思った。けれども、このことに心を痛め、率先して私を助けてに来てくれたのだ。私のために涙を流して皆を説得している彼女を見て、自分も頑張らないと、と思ったのだ。
 今回のことで、たくさん傷ついたし、悩んだ。でも、学んだことの方が多かった。「何事も真面目に取り組む姿勢の大切さ」「悪口を言わないこと」そして「本物の友情のありがたさ」。どれも、あたりまえのことなのに見失っていた。これからは、大切なことを見失わないように、友といっしょに頑張っていきたいと思う。



 


 

前へ  次へ
 


前の団体情報に移動します。 5/42 次の団体情報に移動します。 一覧に戻る 一覧画面に戻ります。
草原
やまぐち子育て連盟 http://yamaguchi-kosodate.net
トップに戻る