リレーエッセイ
−もくじ−
2011/05/11
子育てはいつもヒステリー?いやいやミステリー!
やまぐち子育て県民運動推進会議委員 木村 美弥子(周南市こども育成支援対策審議会委員)

2010/12/10
少年は必要とされて大人になる
やまぐち子育て県民運動推進会議委員 西山 香代子(やまぐちネットワークエコー代表)

2010/09/01
子育て研修会で学んだこと
やまぐち子育て県民運動推進会議委員 中邑 隆哉(岩国中央幼稚園 園長)

2010/03/25
先輩として、仲間として
やまぐち子育て県民運動推進会議 委員 吉光智惠(柳井地域コーディネーター)

2009/11/30
“つながる”出会い
やまぐち子育て県民運動推進会議委員 於土井 豊昭(防府市地域協働支援センター長)

2009/08/12
子ども劇場に関わって
やまぐち子育て県民運動推進会議委員 三好 美喜子(NPO法人子ども劇場山口県センター理事長)

2009/03/04
「渡る世間は親ばかり」を目指して
やまぐち子育て県民運動推進会議委員 中川 浩一(勝山保育園副園長)

2008/11/01
“つながる”出会い
やまぐち子育て県民運動推進会議 副会長 國廣 真由美

2008/08/29
〜「県民」と「社会」を繋ぐ運動体へ〜
やまぐち子育て県民運動推進会議 会長 今井 佐知子

2007/07/19
秘密基地
藤永 麻子

前へ  次へ
秘密基地
藤永 麻子
娘が小学1年生のころ、友達と秘密基地を作ったと話してくれた。
自分も子どものころに秘密基地で遊んでいた覚えがある。近所のちょっとした山というか大きな木がたくさんある林のような所に入り込み、そこに行くまでの近道も自分達で勝手に造ったりもした。今でも近くを通ると懐かしく思い出す。
しかし、自分の子どもの話となると楽しいことよりも心配になってきた。
「本当はおしえちゃダメなんだけどー。」という娘に頼み秘密基地に連れて行ってもらうことにした。団地の外れにある破れたフェンスをくぐり、木々の間をぬけ、細い道を山のほうへ歩いて行く。すると、広い造成地に出た。大きな重機もあった。
その先も行くと言い、クモの巣を手ではらいながら木々をくぐり、なんと隣の地区の家の庭先に出た。舗装された道路を通れば30分くらいはかかりそうな所に、5分くらいで出たようだった。すごい発見をしたようで少しワクワクしたが、大きな重機のある造成地や人の庭先を通るのはやはり心配だった。
家族で相談し、「自分達も秘密基地を作って遊んでいたし、子どもの遊び場を取ってしまうのもさびしい。してはいけないことをきちんと教えれば大丈夫。」ということになり、娘にも楽しい遊びの中にも危険がたくさんあることを伝えた。
私達の団地は子どもがあまり多くなく、子どもたちが団地の中で何か危険な遊びをしていれば近所の人からすぐ注意されるし、親たちにも連絡がまわるので相互注意で子どもたちを見守っている。
子どもたちには家族や地域に見守られながら、もっともっと遊びを通していろいろなことを学んでほしいと思う。




やまぐち子育て連盟 http://yamaguchi-kosodate.net
トップに戻る トップに戻る トップに戻る